読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1月7日、七草粥。

いつの間にか、1月も後半。

寒さは増しているが、だんだんと日が長くなり始めていて、冬も終わりに近づいているんだなと思う。

三連休最終日、少し暖かった七草粥の日。

f:id:rain0shine:20170120100353j:plain

夫の買い物に付き合い、鎌倉に行った。

f:id:rain0shine:20170120100449j:plain

予定のものを購入し、ルンルンな夫。

f:id:rain0shine:20170120100554j:plain

由比ヶ浜でトンビに気を付けていたのに、夫は食べかけのおにぎりを、私は食べかけのろみさんのスコーンを奪われた。

酉年早々に夫婦共々鳥にやられてしまった…

由比ヶ浜から稲村ヶ崎へ海岸沿いを歩き、夕日を見に行く。

残念ながら、富士山はうっすらすぎて、富士山と江ノ島のコラボは拝めなかったけれど、お楽しみはまた今度。

f:id:rain0shine:20170120101404j:plain

由比ヶ浜に戻る途中に日が沈む。

山も良いけれど、海も良い。

帰宅後は、農協連即売所でおばあちゃんが売っていた七草でお粥。

鎌倉駅由比ヶ浜→山と道→小町通り由比ヶ浜稲村ヶ崎由比ヶ浜鎌倉駅

年明け、青梅丘陵ハイキングコース。

1月2日は青梅丘陵ハイキングコースを歩いた。

f:id:rain0shine:20170112102624j:plain

高尾山や大山と違って、人がいない山は歩きやすい。

f:id:rain0shine:20170112102747j:plain

新年早々の山は、いつもより空気が気持ち良い気がする。

f:id:rain0shine:20170112103008j:plain

連なる山の向こうに綺麗な形の山の一部が見えて、富士山であることに気付いた。

富士山が見えるのは関東の山を登る特権。

山を堪能した後はモリパークアウトドアビレッジ。

軍畑駅→榎峠→雷電山(494m)→辛垣城跡(457m)→三方山(454m)→物見櫓→青梅鉄道公園青梅駅

スカイツリー、ミナペルホネン。

スカイツリーに行くならば、欲しかったモノ。

f:id:rain0shine:20170106122002j:plain

カフェでの服装はシンプルだから、ワンポイントにちょうど良い。

ブローチ:スカイツリー×ミナペルホネン

カシミヤのパジャマ。

初売り、初買い。

柴又帝釈天にお参りに行った後はスカイツリーに寄った。

ソラマチは元旦からセールですごい人混み。

通りがかったUNIQLOでカシミヤニットが半額の文字を発見し、いそいそと購入した。

f:id:rain0shine:20170105095926j:plain

ラウンドネックLサイズの白を2枚。

冬のパジャマはカシミヤニットと決めている。

軽くて温かく、肌触りがいいから、心地良く眠れるのだ。

オーバーサイズを買うのは、洗濯していると縮むから。

2枚買うのは、毎日、替えるから。

f:id:rain0shine:20170105100255j:plain

おかげで、穴が開いていた先代のカシミヤニットにさよならを告げられた。

お節。

我が家のお節は無理がない。

だから、品数が少ない。

f:id:rain0shine:20170104095903j:plain

夫婦二人で、数日かけて食べきる。

1日目はお重代わりの野田琺瑯に詰めたけれど、翌日からはワンプレート。

鮭といくらの親子丼。

数の子、海老、筑前煮、筍の土佐煮、酢ごぼう、紅白なます、かまぼこ、芋きんとん、黒豆。

いくらの醤油漬けが一番手が掛かった。

初詣、柴又、寅さん。

元旦は、柴又帝釈天にお参りに行った。

柴又といえば、寅さん。

f:id:rain0shine:20170103123603j:plain

男はつらいよは観たことがないけれど、この佇まいにはテンションが上がる。

f:id:rain0shine:20170103123814j:plain

縁起の良い晴れ渡った元旦の空。

f:id:rain0shine:20170103123918j:plain

駅前の立喰そばにラーメン、おばあちゃんの甘酒に、映画にも出てくるらしいお団子。

元旦の参道は誘惑の道でもあり、たらふく食べてしまう。

f:id:rain0shine:20170103124117j:plain

河原で凧揚げするちびっ子に、満員の矢切の渡しが行き交う江戸川でゆっくり。

東京の下町初詣を満喫した。

年明けそば。

テレビのない年末年始は夜更かしできずに寝てしまう。

カウントダウンなんて、夢の中だった。

年越しそばのリベンジに燃え、元旦の朝から海老天を揚げる。

f:id:rain0shine:20170102083851j:plain

清々しい朝とは反対に油の匂いが漂う台所。

そして、丸まる海老。

何はともあれ、年明けそば。

めでたい、めでたい。