読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

撫でられる。

人生の三分の一を猫と過ごしている夫にとって、みるくは犬っぽいらしい。

夫の実家にいるアメリカンショートヘアはかなりさっぱりとしていて、実家にお邪魔すると、あ、来たん?とさらりと出迎えてくれるが過剰な反応はない。

撫でさせてくれるが、それはこちらが撫でたいから撫でるのであって、撫でてとせがんでくるわけでもなく、少し撫でさせては、じゃあね〜と寝る場所に帰っていく。

さっぱりしているが、受け入れてくれていることはよくわかる憎い猫なのだ。

それに対し、我が家のみるくは撫でられるのがとても好きだ。

帰宅すれば、すぐさま足元に近寄り、次の瞬間、コテンと床に倒れる。

f:id:rain0shine:20160609160331j:plain

そして、撫でることを無言で要求する。

f:id:rain0shine:20160609160614j:plain

ひとしきり撫でる。

f:id:rain0shine:20160609160724j:plain

更に撫でる。

f:id:rain0shine:20160609160844j:plain

そして、噛まれる。

f:id:rain0shine:20160609160936j:plain

あ、噛まれるのは犬っぽい部分ではない。