読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

磨りガラスの向こう。

台所に立つと、磨りガラスの向こうがやけに黄色い。

f:id:rain0shine:20160423064354j:plain

平屋沿いにある歩道を歩く人の多くが足を止め、小さな歓喜の声を漏らす。

f:id:rain0shine:20160423064435j:plain

可憐な木香薔薇が咲いている。

平屋は季節の移り変わりをたくさん教えてくれる。