読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナモンの粉が舞う。

シナモン。

とても可愛い響きの言葉だ。

鼻をくすぐるスパイシーな香りはどこか大人びているのに、砂糖やバターと掛け合わせると途端に子供っぽい味わいになる。

f:id:rain0shine:20160621154044j:plain

冷蔵庫から食パンを一切れ取り出し、包丁で半分に切る。

片方にはチョコレート、もう片方にはバター、砂糖、シナモンを乗っける。

焦げ目がつきだすと、途端に甘い香りが漂い出す。

しかも、甘い甘い誘惑の甘さが同時に2つも味わえる。

お供のコーヒーは苦めに入れよう。

そう思いながら、シナモンの袋をそっと閉じたら、粉がふわりと曲線を描きながら舞った。

そういえば、可愛いあのキャラクターもモンが付く。